安心安全なサプリメント

乳がんや子宮がんを患った人は摂取してはいけないイソフラボン

最近はイソフラボンの効果に注目され、様々な効果についてご存知であるといった方も多いのではないでしょうか。

日本食の代表ともいえる大豆に多く含まれている成分であり、特に更年期障害において効果があるといわれています。
様々な病気に対して効果があるとされているイソフラボンで、今回注目したいのが子宮がん・乳がんへの効果についてです。

子宮がん・乳がんの予防効果があるとされているイソフラボンですが、発症した後に摂取すると病気の促進を進めてしまうといわれていますので、
摂取の仕方には特に注目が必要となっているんです。

豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品をよく口にしている人達は、がんの発生率が下がるといわれていて、イソフラボンはがんの予防に非常に有効的であるということがいわれています。
女性に多いとされている乳がん・子宮がんといったがんにおいてイソフラボンに含まれている抗エストロゲン作用により予防効果があげられています。

また、美容や美肌にも効果があるとされていますので、摂取しているという方も多いのではないでしょうか。

エストロゲンを増加させるだけではなく、エストロゲンが多い場合には減らし、バランスを整えることができることから、非常に効果があるとされていますが、
乳がんや子宮がんなどのようにエストロゲンの効果による場合は、
乳がん・子宮がんを発生してしまった場合には、これらのがん細胞を促進する作用があるといわれていますので、特に注意が必要となってきます。

乳腺の組織は、エストロゲンの作用によって増殖されるといわれています。
よって、エストロゲンを摂取することによって再発の可能性のリスクが高くなるといわれていますので、摂取を控えるように医師からも説明されるようです。

人によって良い成分でもあり、病気の再発を促進してしまうという成分でもあり、効果はそれぞれですので、
一概に体に良いという理由ばかりに気をとられずにしっかり効果や注意点を確認し摂取するようにしましょう。