安心安全なサプリメント

発毛を促進させるにはイソフラボンだけでは困難

様々なことに効果があるといわれ、注目を浴びているイソフラボンですが、
更年期障害や生活習慣病以外においても美肌や乳がん・子宮がんの予防においても効果があり幅広い分野にて活用されているイソフラボンになりますが、
その他においてもまだまだ効果があるといわれているものがあります。

そこで今回注目したいのがイソフラボンによる発毛効果です。
最近では、発毛について悩みが多い方というのは非常に多く、年齢問わずに若い方でも髪の毛が薄くなってきてるのが気になるという方は増えているようです。

原因としては、生活習慣の乱れや食生活のバランス、ストレスなどによるものが増えているといわれています。
イソフラボンを摂取することによって発毛の効果があるということはいわれていますが、いったいどんな効果によるものなのでしょうか。

まず、そもそもイソフラボンが発毛において良いとされているのには、カプサイシンと一緒に摂取することで発毛・育毛効果があるといわれているのです。

唐辛子の成分であるカプサイシンと大豆に含まれているイソフラボンとが発毛・育毛・増毛といったことに効果があるそうです。
カプサイシンは辛味成分であり、体内に入りこむことによって、中枢神経を刺激することによってアドレナリンやノルアドレナリンの分泌を促進します。
イソフラボンは植物性のポリフェノールの一種で大豆の胚芽の部分にとても多く含まれているといわれていて、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの成分に非常に似ているといわれています。

一日の目安摂取量として、カプサイシンは6mg、イソフラボンは75mgを2-3回にわけて、食事後に摂取し、胃の軽減とするのが好ましいといわれていて、
原則としては同時摂取がポイントとなるようです。

用法用量をきちんと守ることによって、より成分を効果的に摂取することができ、発毛・育毛・増毛といった髪の毛の悩みにも効果があらわれますからぜひ活用してみましょう。

↓目の疲れにはマカが効果的