安心安全なサプリメント

悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすイソフラボン

みなさんコレステロールってご存知ですよね。
コレステロールは、有機化合物の一種であるステロイドに分類されます。
よく、善玉・悪玉コレステロールといったことを耳にしたことはあるかと思いますが、いったいどういったものなのかはご存知だったでしょうか。

善玉・悪玉コレステロールとは、コレステロール分子自体を表すものではなく、
コレステロールが血管の中を輸送されるといった際にコレステロールとリポたんぱく質が作る複合体のことをいいます。

善玉と悪玉という違いにおいては、リポたんぱく質の違いによるものだといわれています。
悪玉コレステロールが悪いものであるといったわけではなく、善玉・悪玉において、バランスを取るということが一番重要であるといわれています。

悪玉コレステロールは、コレステロールを体の中に供給するという役割があり、増え過ぎてしまうことによって血管に溜まり、動脈硬化を促進してしまうといわれています。
また善玉コレステロールは、体の流れに溜まったコレステロールを排出し、動脈硬化を予防するという効果があります。

このバランスが非常に大切であり、悪玉コレステロールが増えないようにするといったことを意識しなければなります。
そういった悪玉と善玉のバランスを保つのに、より効果があるといわれるのはイソフラボンになります。

動脈硬化を防止するための効果が強いイソフラボンにおいては、注目されていて、健康においては欠かすことのできない成分であるということができるのではないでしょうか。
イソフラボンは、大豆が含まれている一般食品において摂取することができます。

代表的なものとしては、豆腐や納豆といった一般的に食べるものがあり、もちろん健康食品やサプリメントでの摂取もできますが、
サプリメントなどで摂取する場合には、一日の摂取量を守らなければ、女性ホルモンのバランスを崩すことになりかねませんので、注意してください。